ショップ別タイヤ交換のトータル値段比較

タイヤ交換は付き合いのあるガソリンスタンドやカー用品店・カーディーラーで購入している人が多いと思いますが、最近ではネット通販で購入する人も増えています。

タイヤ公正取引協議会の調査によると、タイヤ購入者のうち約25%のドライバーがネットでタイヤを買ったことがあるそうです。約4人に1人がネット購入経験があり、その割合は年々増加しています。

そして、ネット購入を利用した理由について最も多かった回答が『安いから。』だそうです。

当サイトではネットで安くお得にタイヤやホイールを購入できる色々な情報を紹介していますが、このページでは、タイヤ単品交換での各ショップ別タイヤの値段と送料や組み込みなどの付随作業の料金などを含めたトータルでの値段について比べてみました。

こちらもどうぞ

当サイトでは各メーカー・車種ごとのタイヤホイールのインチアップ方法とサイズについて紹介しています。
メーカー・車種別インチアップ方法とタイヤホイールサイズ一覧
また、愛車のタイヤ交換(純正サイズ)を検討中の方はこちらをどうぞ
メーカー・車種別タイヤ交換ガイド

ショップ別タイヤ交換の値段を比べてみました

各ショップのタイヤ交換など単品購入の場合の値段について比べてみました。

また単品購入の場合は、ホイールへの組付け・バランス調整などの作業が必要ですのでこれらの作業にかかる工賃も加算して比較してみます。(各店舗独自の取り付けサービスがない・割高な場合はグーピットの価格を参考にしています。)

ハスラーの純正タイヤ交換を例に比較

私の愛車ハスラーの標準装備タイヤを履き替えるとして、各ネット通販での値段について比較してみます。

タイヤサイズは165/60R15の4本セットで比較するショップは以下です。

  • タイヤ専門通販ショップがフジコーポレーションとカーポートマルゼン・タイヤフッド
  • 輸入タイヤ専門通販ショップがオートウエイとタイヤ激安王
  • 上記に加え、私の家の近所にあります大手カー用品販売実店舗2店の通常価格と特別価格
  • ガソリンスタンドの特別価格

(比較は2020.5月時点の価格2021年3月一部改訂)

チェック

各ネット通販ショップはオリジナルサイトもありますが、ショッピングモールにも出店していてこちらを経由すれば割引クーポンが使えたり、ポイントなどが還元されますのでショッピングモール店で比較してみました。
因みに私が価格をチェックした時は、私のIDで11%還元(約3000-4000円相当)でした。

タイヤ単品購入での最安値はやはり輸入タイヤ通販専門店

タイヤ単品購入の最安値はやはり輸入タイヤで、これを専門に扱っている輸入タイヤ専門通販ショップです。

中でも最安値は圧倒的にタイヤ本体価格が安いタイヤ激安王ですが、かなりディープなタイヤメーカーですし送料が高めですので取り付けまで含めるとオートウエイのナンカン(台湾メーカー)などとさほど差がありません。

オリジナル店舗・オートウェイタイヤ激安王

オートウエイPayPayモール店オートウエイ楽天市場店タイヤ激安王PayPayモール店タイヤ激安王楽天市場店

国産タイヤ安値はやはり大手タイヤ通販

国内メーカーのタイヤだとどうでしょう。

最安値は、フジ・コーポレーションのヨコハマブルーアース(\39920)ですが、カーポートマルゼンのグッドイヤー(¥32320)は住友ゴムが国内で生産しています。

あとタイヤフッドは、ブリジストンネクストリーが¥45760ですが、6か月のパンク保証・廃タイヤ/バルブ交換代(他の取り付けサービスだと別料金になる)がついて、取り付けも全国のガソリンスタンド・オートバックス各店舗でできます(他のショップと同じグーピット交換だとマイナス約5000円で約¥40000になります)。

オリジナル店舗・フジ・コーポレーションカーポートマルゼン

フジコーポレーションPayPayモールカーポートマルゼンPayPayモールフジコーポレーション楽天市場店カーポートマルゼン 楽天市場店

タイヤフッドはネット購入から取り付け予約が一度でできる

『タイヤフッド』はネットでの購入~取り付け予約が一度にできるオールインワンのサイトで、全ての商品に6か月間のパンク保証が付きます。また、他の取り付けサービスでは別料金になります廃タイヤ・バルブ交換も含まれます。

タイヤ単品で購入した場合、どうしてもタイヤの組み込みとバランス調整~取付けを別途依頼することになりますが、このサイトは購入画面で取り付け予約までが簡単に完了しますので、あとは提携先の近所の取り付けショップ(エネオスのガソリンスタンドやオートバックス店舗)に愛車を持ち込むだけ。

パンク保証などがセットされていますので、フジコーポレーションやカーポートマルゼンに比べると若干高めですが、とにかく簡単にタイヤ交換をしたい方にはおすすめです。

2020年オートバックスが資本参入したことから、タイヤ交換がオートバックス店舗でもできるようになりました。

オリジナルとショッピングサイト

タイヤフッド(TIREHOOD)はショッピングサイトでの扱い商品が少ない場合もありますので、オリジナルサイトと比較することをおススメします。

タイヤフッド

TIREHOODPayPayモール店TIREHOOD楽天市場店

カー用品店やガソリンスタンドの特価品でもネットの方が安い

カー用品店A・Yとも通常ならネクストリーでも¥64000あたりになってしまいます。(ネクストリーはブリジストンブランドの中で廉価版モデル)トーヨーのトランパスだと¥70000を超えます。

カー用品店のYでは、特価品でブリジストンのネクストリーが¥53000、トーヨーのトランパスmpzが¥59000とやはり通販に比べると高くなります。

また、カー用品店のオリジナルブランド品は安くて中身は国産品のものもありますが、サイズバリエーションが少なくハスラーに適合するサイズはありませんでした。

まとめ

タイヤ単品でのショップ別商品価格と組み換えを含むトータル価格を比較してみました。

タイヤ単品購入の場合

  • 輸入タイヤを含めると組み替え工賃などトータルでも輸入タイヤ専門店が安く購入できる。
  • 国内メーカー品はやはりフジコーポレーションやカーポートマルゼンなどタイヤ専門通販ショップが安い。
  • タイヤフッドは若干高めだが、一流商品のみの取り扱い・購入~取り付けまでの手軽さ、6か月間のパンク保証・他のサービスでは別料金となる廃タイヤバルブ交換が価格に含まれている・ことを考えるとほぼ同等のお得さです。また、取り付けが近くのガソリンスタンド、オートバックス店舗なので安心

という結果になりました。

銘柄もまちまちで完全な横並びでの比較にはなっていませんが傾向は見れたのではないでしょうか。

タイヤ交換など単品での購入を検討されている方は参考にしてみてください。