ミライースのタイヤ交換と価格一覧

ミライースオーナーの方へ、今検討中のタイヤ交換は以下のどれでしょうか。

対象モデル

2011年以降モデル

純正タイヤの溝がなくなったのでタイヤのみ交換したい方
ネットならタイヤも安く購入できます。このページを参考にしてみてください。

サイズがわかっている方⇒・13インチ14インチ


この機会にタイヤホイールのドレスアップも検討したい方
ネットならホイールセットもお店のタイヤ交換とあまり変わらない値段で購入できます。

ミライースのインチアップ方法とサイズ一覧

こちらもどうぞ

ミライースのスタッドレスタイヤを検討中の方
ミライースのスタッドレスタイヤサイズと価格一覧

タイヤサイズ別ネット価格

ミライースの各標準タイヤサイズ別のネット価格を紹介します。この価格に下で紹介します組み替え工賃を足したものがトータルの価格になります。(別途廃タイヤ代・ゴムバルブ交換料が発生する場合があります。)

※セット本数と愛車への適合については各ショップで必ず確認ください。

13インチサイズ

タントの13インチのタイヤサイズは以下です。

タイヤサイズ
155/70R13 75S

輸入タイヤを含む4本セット

ブリジストン4本セット

14インチサイズ

タントの14インチのタイヤサイズは以下です。

タイヤサイズ
155/65R14 75S

輸入タイヤを含む4本セット(単品含む)

トーヨー4本セット

人気セット(一部単品)

ご注意

セット本数と愛車への適合については各ショップで必ず確認ください。

組み替え取り付け費用

タイヤ単品で購入した場合、今ついているタイヤをホイールから外して新しいタイヤに組み替えてもらう作業が必要です。ネットで購入したタイヤの組み替え方法は以下です。

  • 近くのショップ(カー用品店・ガソリンスタンド・サービスショップ・カーディーラーなど)に持ち込む
  • 購入した通販ショップが提供している取り付けサービスを利用する
  • グーネットピットなどのネット取り付けサービスを利用する

タイヤのネット価格に組み替え・取り付け工賃を足したものがトータル費用になります。工賃の相場はざっくりですが、12-16インチで6-7000円台~、17インチ以上で8-9000円台~になります。

より簡単で安全にネット購入ができるタイヤ通販ショップ

ネットで買ったタイヤの取付けは別途取り付けサービスを手配する必要がありますが、これが面倒な方は、タイヤ購入と取り付け予約がセットになったタイヤ通販ショップタイヤフッドがおすすめです。

タイヤフッドは、三菱商事の子会社が運営するタイヤ通販の専門ショップで、購入から取り付けショップ(基本全国のサービスステーション・オートバックス店舗)選び・日程予約がセットになっていて、購入と取り付け予約が完了したらあとは予約した日時に愛車を持ち込むだけでタイヤの組み替え・取付けが完了してしまいます。

価格には、購入する商品代+取り付けサービスステーションへの配送料+工賃(多くのサービスでは別料金のバルブ交換や廃タイヤ代も含みます)に加え、全ての購入者に6か月間のパンク保証が付いています。

TIREHOOD(タイヤフッド)

タイヤフッドの特徴

・購入₋取付け予約がネットで簡単に出来る(オールインワンサイトです)
・購入した商品は全国のサービスステーションに直接配送だから購入後は車を持ち込むだけ
・有名ブランドのタイヤ・ホイールのみの取り扱い
・全ての購入者に6か月間のパンク保証付き

大手ショッピングモールにも出店しています。検索と購入~取付け予約の流れがオリジナルサイトに比べると少しわかりにくくなっていますが、各ショッピングモールのポイントが獲得できます。

ただし、公式サイトに比べて商品数が少ない場合もありますので、公式サイトと比較することをおすすめします。

TIREHOODPayPayモール店TIREHOOD楽天市場店

とにかく安くタイヤを買いたい方は輸入タイヤ専門のオートウェイ

とにかく安くタイヤ交換がしたい方は輸入タイヤ専門ショップのオートウェイがおすすめです。

オートウェイはグーでお馴染みのプロトの子会社で輸入タイヤをメインで取り扱うタイヤ通販ショップです。

オートウェイ

ブランドは国内メーカー品も扱ってはいますが、メインは輸入タイヤメーカー品で有名どころナンカン(台湾のメーカー)をはじめ中国や東南アジア系のメーカー品など多数扱っています。

価格は国内ブランド品よりさらに安いものが多く、とにかく安くタイヤを購入したい方にはおすすめです。

日本国内では全く無名でも、ヨーロッパの自動車メーカーの純正品に採用されているブランドもあり、一昔前のような安かろう悪かろうではありません。

普段あまりお目にかかれないディープな輸入タイヤですが、全国の提携ショップ(サテライトショップ)で実際にモノを見て購入することも可能です。

また、購入した商品の取り付けも、独自の取り付けサービスタイヤピットを利用すれば全国のサービスショップに直接配送してくれますので、あとは愛車を持ち込むだけでタイヤ交換が完了します。

こちらも大手ショッピングモールに出店しています⇒・PayPayモール店楽天市場店

タイヤのネット購入手順

ネットでタイヤを購入する流れについて紹介します。

今装着されているタイヤサイズの確認方法

先ずは、愛車に装着されているタイヤのサイズを確認します。以下方法で確認してみてください。

今ついているタイヤの側面に印字されている数値か、センターピラーに貼ってあるステッカーで確認します。185/60R15 84Hなど数値は見つかりましたか?それがタイヤのサイズになります。

※中古車を購入された方は純正ではないサイズのタイヤホイールが装着されている可能性がありますので、必ずタイヤの側面でも確認してください。

タイヤサイズ確認画像

タイヤ選びから取り付けまでの流れ

次にネットでのタイヤ選びから取り付けまでの流れをざっと紹介します。(グーピット利用の場合)

  • 今装着されているタイヤサイズを確認する
  • ネットでタイヤと価格をチェック(上でも紹介していますので参考にしてください)
  • 気に入ったタイヤがあればカートに入れる
  • グーピットでタイヤの組み替えをしてくれる近くのサービスショップを検索
  • 工賃をチェック・直送対応可能か確認⇒OKならスマート予約から予約する
  • カートに入れていた商品を購入し、配送先を取り付けサービスショップにする
  • 予約した日時に愛車を持ち込み組み替えをしてもらう

タイヤの付け替えのみの方

既に持っているサマータイヤからスタッドレスタイヤへの付け替え、逆にスタッドレスタイヤからサマータイヤへの付け替えを考えている方へお得な方法と価格について紹介します。

付け替えはいつもどうしてしていますか?近所のガソリンスタンド・新車中古車を買ったお店・カー用品店などに頼んでいる・自分で付け替えている・家族がやってくれるなどでしょうか。

各お店で頼んでいる方はどのくらいの値段でたのんでいますか?

タイヤ付け替え費用がいつも4千円以上かかっている方は、ここで紹介しますグーピットを利用すれば安く付け替えができるかもしれません。

グーピットは中古車検索サイトグーでお馴染みのプロトが運営する近くの各種サービスショップを検索⇒作業予約ができるサイトでスマート予約を利用すれば一律料金で安くタイヤの付け替えなどができます。

グーピットトップページ⇒スマート予約⇒ホイールタイヤ交換(脱着)からどうぞ